2011年02月24日

クライストチャーチの地震報道

ニュージーランドの南島にあるクライストチャーチで大地震が発生し、あの美しい街が壊滅状態で街のシンボルである大聖堂も崩れさってしまった。

テレビでも多くの時間をこの地震の報道に費やしている。

が、しかしである、昨年ハイチでも大きな地震があったがここまで沢山の報道はしてなかったはずだ。

日本の報道の基準は日本人が被害にあったかどうかであって被害そのものの大きさでは無いのである。

世界的にどんなに大きな出来事でも日本人に影響が無ければ大した報道はされないのが日本なのである。

クライストチャーチで連絡のつかない方々、運命とは何と残酷なものなのだろうか。。。
posted by こぱ at 23:53| Comment(2) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

私も同じことを思いながら、いくつか、理由をひねり出してみてるところです。。。
Posted by miha at 2011年02月25日 23:40
各国のニュースを見ているが、どこの国も自国民のことばっかりでっせ。。。
Posted by ぱんちょ at 2011年03月02日 01:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。