2011年03月19日

セ・リーグはKY

3月17日にセ・リーグは3月25日開幕を強行するという愚かな決断を下した。

それをリードしたのは社会の木鐸である大新聞社を親会社に持つ球団である。新聞社なら得意の世論調査で世論の動向に敏感であっても良いと思うのだが、恐らくその新聞社の独自の極秘世論調査では開幕すべしだったのだろう。今までの世論調査がどれだけいい加減で恣意的なものだったかがよく分かる。今回も新聞社を利用し世論をミスリードしようとしたが世の中はそれどころじゃなくて洗脳されなかったんだろう。

パ・リーグも選手会も開幕を延期すべしとまともな事を言っている。何故セ・リーグだけ予定通りなのか?被災者を勇気づけるなどと言う詭弁を信じる者はほとんどおるまい。要するに商売が優先なのだ。既に売れている開幕戦のチケット代、放映権、グッズの売上など人気のある阪神、読売を抱えるセ・リーグはそれだけ旨味が世論を無視するほど大きかったのだろう。余震や原発の問題で安全性が脅かされるなか開催をしようと言うのは一部のフロントのエゴと言うものであろう。

自らの勘定を優先させて大多数の人々の感情が分からなかったセ・リーグ開幕推進派のフロントには消えていただいた方が野球界の為である。
posted by こぱ at 11:45| Comment(2) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

行政指導が来るという、恥ずかしい事態になりましたね。。。
これで少しは常識を身につけてくれればいいんですけど。
Posted by miha at 2011年03月19日 19:12

!!!
「是非に及ばず」になってる!!
なんでだろ〜おかしいっ
Posted by miha at 2011年03月19日 19:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。