2011年03月23日

義援金の行方

東日本大震災で亡くなられた方のご冥福と被災された方々の一日も早い復興をお祈りいたします。

今回の未曾有(みぞゆうではなくみぞう)の大地震は東北地方を中心に甚大な被害をもたらした。また、原発が爆発するというありえない副作用が日本経済の先行きを暗澹たるものにしているのだが、日本いや世界中から被災者の皆さんへと支援の輪が拡がっているのは希望の光なんだと思う。

支援の方法に義援金という形でお金を託している人が多いと思うのだが、この義援金の行方がいつも分からない。日本赤十字等がピンハネしているとは思わないが公務員がピンハネしている可能性は大いにありえる。ピンハネと言う言い方はよろしくないと思うが公務員はこのような時でも超過勤務手当が出ると聞いたことがある。まさか義援金が残業代に化けているとしたら送っている人達は何と思うだろうか。

被災された方、一人一人に10万円づつ渡すとかはナンセンスだがこのように使いましたという報告を頂けると安心するのは俺だけではないはずだ。
posted by こぱ at 08:56| Comment(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

まったく同感です。
以前、集まった全額が届くのではなく、手数料とかいろいろ引かれた額になるって聞きました。
こんな時でも使途というか内訳詳細を報告してほしい…
と思う私は、ケツの穴小さいでしょうか。。。
Posted by miha at 2011年03月23日 11:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。